便利すぎる!SkitchとEvernoteで超素早くスクリーンショットを取るためキーボードショートカットを設定した

Pocket
LINEで送る

スクリーンショットって便利ですよね。とっても。

なんといっても「わかりやすい」ってのが一番です。文字だけの情報よりも、スクリーンショット(写真)と組み合わせることで一気にわかりやすくなるってわけですよね。

さて、今回は僕がよく使っているSkitchとEvernoteのキーボードショートカットをご紹介します。一度設定すると病みつきになるくらいスクリーンショットが撮りたくなっちゃいますよー!

キーボードショートカットの設定方法

Skitchの場合

Preferences

環境設定→Settings→Snapping からキーボードショートカットを登録可能です。マウスは右手、キーボードは左手なので左だけで押せるようにしてあります。

Evernoteの場合

環境設定 1

環境設定→ショートカット から設定が可能です。「選択部分かウィンドウをクリップ」の欄に登録していますよ。

SkitchとEvernoteではスクリーンショットの使い方が違うわけです

Skitchの場合

基本的にはブログに掲載するためのスクリーンショットを取るために使用しています。アプリの説明だったり、手順などは注釈などがあるとわかりやすいと思いますので、活用していますね。

マニュアルをつくる際にも便利ですね!

Evernoteの場合

WEBサイトの研究のために、良いと思ったサイトはスクリーンショットをとっています。Evernoteでスクリーンショットを取ることによって、ノートとしてたまっていきますので自分の資産になるわけですね。

撮影したスクリーンショットは、名前も固定されているのでInboxを検索して一括でノートへ移動しています。Evernoteの場合は「スクリーンクリップ」という名前で保存されるようですね。良質なWebサイトは参考になります。

006 スクリーンキャプチャー  401 個のノート

何かのタイミングでさっと撮っておきたいときはEvernoteが便利ですね。うんうん。撮影しておけば何かに使えますので。

ちなみにEvernoteのスクリーンショットからSkitchで編集することも可能

Skitched 20111214 003403

Evernoteのノートブックの中の画像を範囲指定しSkitchにドラッグすることで、Skitchで編集が可能です!連携ができるというのも素敵。

もっと仲良くなってくれれば面白いのに!

活用の仕方で十分使えますが、EvernoteとSkitchがもっと連携を深めてくれれば楽しいでしょうねー。Evernoteが買収したのだから将来的には…と勝手に思っていますが。さて、どうなるやらね。

参考アプリ

Evernote 3.0.5(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化
販売元: Evernote – Evernote(サイズ: 19.1 MB)
全てのバージョンの評価: (293件の評価)

MarsEdit 3.4.1(¥3,450)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
販売元: Red Sweater Software – Red Sweater Software(サイズ: 6.2 MB)
全てのバージョンの評価: (2件の評価)

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です