FileMakerの共有ファイルを開く「ショートカットアイコン」を作る方法

IMG_8903IMG_8903 / Malabooboo

FileMakerを使って仕事をしています。主に顧客情報の管理など。

やっていくうちに関数なり、データベースなり理解してきたら、本当に便利です。iPadでも動いてくれるので、外での業務時にも活用できますね。もう便利。手放せないよ、FileMaker。

そんなわけで共有ファイルを一発で開きたいよね?という自分の考えからショートカットをつくってみたので、作成方法をまとめてみました。

Windowsの場合

screenshot.217

デスクトップを右クリックして、[新規作成]> [ショートカット]を選択します。

screenshot.218

ショートカットの作成ウィザードが表示されるので、項目の場所を入力する欄に以下のような URL を入力します。

例えば、共有したいファイルを開いているパソコンのIPが「198.168.1.3」でしたら、以下のような設定になります。

fmp7://198.168.1.3/ファイル名.fp7

ScreenClip(101)

入力してみました。

ScreenClip(102)

ショートカットの名前(データベースの名前など)を入力して、[完了]をクリックします。

ScreenClip(103)

共有ファイルというショートカット名をつけてみました。

ScreenClip(104)

データベースへのショートカットが作成されます。アイコンも自動で設定されました。

ScreenClip(105)

共有ファイルがあるパソコンのIPを調べよう

FileMakerの共有ファイルを開いているパソコンを使い、コマンドプロンプトを開きましょう。

ScreenClip(100)

「ipconfig」と入力し、エンターを押します。

ローカルのIPアドレスが出ますので、そちらを入力しましょう。

Macの場合

追記予定です。

まとめ

今までFileMakerの同期をDropboxで取っていましたが、この方法にしてからはファイルの重複エラーが起きることはなくなりました。現在のローカルのみの共有ですが、Serverでの公開も視野に入れてトライしようと思います。

via FileMaker の共有ファイルを開く「ショートカットアイコン」の作り方 | FileMaker

FileMaker Pro 11
FileMaker Pro 11

posted with amazlet at 12.02.03
ファイルメーカー (2010-04-07)
売り上げランキング: 245
FileMaker Pro 11 Advanced
FileMaker Pro 11 Advanced

posted with amazlet at 12.02.03
ファイルメーカー (2010-04-07)
売り上げランキング: 534
FileMaker Pro 11 スーパーリファレンス for Windows&Macintosh
野沢 直樹
ソーテック社
売り上げランキング: 72846
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク