スポンサーリンク

FileMakerでメール作成の仕組みを考えていたところ、メールクライアントを立ち上げるよりも、直接SMTPサーバーで送付したほうが良いのではと考えて方式を変えたら、ちょっとつまづいたのでメモすることに。

SMTPで認証エラーが出てしまうので、何が問題か考えていたときの解決策です。

安全性の低いアプリと Google アカウントの設定を変更すると、認証が通ります

Googleではセキュリティが強化されているため、通常の状態では「安全性の低いアプリの許可」はオフが標準になっています。

このままでは外部アプリ(今回はFileMaker)からSMTP認証をすることができません。

安全性の低いアプリのアクセスから設定をオンに変更することで、FileMaker経由で無事SMTPを利用したメールを送ることが出来ました。

FileMakerでのGmailのSMTP認証の設定は以下の通り

送信SMTPサーバー:smtp.gmail.com
ポート:587
接続の暗号化:TLS
ユーザー名:ご使用のメールアドレス
パスワード:ご使用のパスワード

スポンサーリンク
おすすめの記事